JA南彩

地域を結ぶふれあいネットワーク

  • 困った時は…
  • リンク集
  • お問合せ
  • ご利用にあたって
  • サイトマップ

文字サイズ

Homeへ
JAの概要
事業紹介
トピックス
暮らしの情報
農産物情報
店舗・直売所一覧
リンク集
お問い合わせ
ローン事前審査受付サービス
暮らしの情報 農産物情報トップへ

TAC

TAC

TACのご紹介

 TAC(タック)とは、地域農業の担い手に出向くJAの営農経済を担当する渉外職員の愛称で、農業経営者を日々訪問し、農業経営に関するあらゆる相談に応えています。

TACの役割

  • JAと組合員(地域農業の担い手)のご意見・ご要望を伺い、パイプ役としての訪問活動を行います。
  • 組合員(地域農業の担い手)の経営に役立つ各種情報をお届けします。
  • 組合員(地域農業の担い手)のご意見を持ち帰り、JA南彩の業務改善につなげます。
TACの役割 写真
TACの役割 写真

TACの由来

「地域農業の担い手に出向くJA担当者」の愛称をJA・連合会が一体(チーム)となって地域農業をコーディネートするという意味をもつ「Team For Agricultural Coordination」 の頭文字をとって「T・A・C」と呼んでいます。

ロゴマーク

 左側が地域農業の担い手とJA担当者であるTACが対話・相談しているシーンをイメージし、そうした対話を起点として生まれる課題解決やヒラメキを右側のエクスクラメーションマークで表現されています。

TACロゴ

キャッチコピー

T(とことん)、A(会って)、C(コミュニケーション)!!

 TACという言葉をさらになじんでもらうためのキャッチコピーです。

TAC体制

 平成28年4月1日からJA南彩では各営農経済センターに配属されていた営農渉外(TAC)を1か所に集約し、従来の活動と合わせ出向く体制の整備・充実するとともに、県域担い手サポートセンターと連携し、担い手ニーズの掘り起こしと管内農業の実態把握を行い、担い手経営体を支援しています。

TAC体制

主な支援(業務)内容

  1. 農業技術指導・営農相談
  2. 各種営農情報などの提供
  3. 農業所得増大・地域活性化応援プログラムによる支援
    ・生産コスト低減 ・コンサル機能の強化 ・新規就農支援
  4. 買い手のニーズと担い手の要望に基づいた地域生産振興の提案・支援・加工業務用野菜の契約
  5. 営農計画策定支援システム等による経営・作業の見える化と年間作業の平準化・栽培提案
  6. GAP(農業生産工程管理)・生産履歴記帳運動等の食の安全安心対策支援

その他、何でもお気軽にご相談ください!!

担い手対応の目的と手順

チャート:担い手対応の目的と手順

TAC通信

ページTOPへ