JA南彩

地域を結ぶふれあいネットワーク

  • 困った時は…
  • リンク集
  • お問合せ
  • ご利用にあたって
  • サイトマップ

文字サイズ

Homeへ
JAの概要
事業紹介
トピックス
暮らしの情報
農産物情報
店舗・直売所一覧
リンク集
お問い合わせ
ローン事前審査受付サービス
主要農産物一覧 農産物情報トップへ

いちご(久喜市・旧菖蒲町)

出荷(販売)時期:11月~5月頃 / 最盛期: 1・2月頃

 JA南彩管内のいちごは、主にとちおとめとやよいひめの品種が多く栽培されていて、農家の皆さんによって多くの手間をかけ大切に育てられています。
 光沢があって、より赤みがあるものが、新鮮で美味しいいちごの見分けるポイントです。
 とちおとめは、ジャムづくりなどにも適しています。酸味が好きな方にお勧めで、いちご狩りでの熟したとちおとめは甘みが増します。
 やよいひめは、粒が大きく日持ちするので贈答用に向いています。また、酸味もまろやかなことからお子様に大好評です。

JA南彩管内で栽培されている主な品種の特徴

とちおとめ

香り高く、甘さと酸味の果汁が口に広がる、大人気のイチゴ。

  • 栃木生まれのいちごで、女峰よりも大きく果肉は緻密で多汁質(ジューシー)です。
  • 香りや糖度が高く、適度な酸味があり、食味の良いバランスがとれた食感です。
  • 果皮は「やよいひめ」より鮮やかな赤色で、果実全体が赤くなります。
  • 収穫はじめは「やよいひめ」より早く11月下旬からになります。

やよいひめ

日持ちがよく、酸味もまろやか。贈答用やお子様にも人気のイチゴです。

  • 群馬県生まれのいちごで、群馬県が育成した「とねほっぺ」と栃木県が育成した「とちおとめ」のかけ合せです。
  • 大粒で果皮がしっかりしていることから、日持ちもよく甘みが強いのが特徴です。
  • 糖度が高く、酸味もまろやかなことから、バランスに優れ食味も良好です。
  • 果皮は「とちおとめ」のような濃い赤色でなく、上品な鮮紅色をしています。
  • 収穫始めは「とちおとめ」よりやや遅く12月からになります。

いちごの栽培暦

いちごの栽培暦

加温ハウスの栽培方法

土耕栽培

土耕栽培

管内で一番多く栽培されている方法です。

高設栽培

高設栽培

栽培床が高いので栽培者の負担が少ない栽培方法です。

いちご豆知識

fukidashi_top

★見た目が可愛らしく、甘酸っぱさが美味しいいちごは一般的な認識では果物ですが、日本では農学上、野菜に分類されています。いちごはバラ科の多年草に属し、外にある粒を「種」と言っていますが、本当はその粒がいちごの果実。果実と思って食べている部分は、実は花托(かたく)の肥大したものです。


★いちごはビタミンCが多く含有されていて、100g中におよそ50~100mg。1日の必要量は中粒なら7粒でクリアできます。葉酸に加え、ペクチンという食物繊維も多く、風邪予防に効果的です。カリウムも含んでおり、生活習慣病や高血圧の予防、むくみ解消効果が期待できます。また、虫歯予防に役立つキシリトールやフラボノイドなどの抗酸化物質も多く含まれています。

fukidashi_bottom

いちご狩り情報

期間 1月6日(金)~5月下旬
時間 午前9:30~午後3:00
料金
  おとな
(小学生以上)
こども
(3歳〜未就学児)
1月~3月 1,400円 1,100円
4月 1,200円 1,000円
5月 1,000円 800円
金額は消費税込です。
3歳未満は無料です。
30分間食べ放題です。
  • 個人の予約は不要です。
  • 団体は要予約。(25名様以上から1名様につき100円引き)
  • いちごの生育状況及び天候不順により、入場をお断りする場合がございます。
  • 契約農家でのいちご狩りになる場合があります。
  • 隣接している水耕ハウスでは、車いす・ベビーカーでもいちご狩りが楽しめます。

お問い合わせ

JA南彩 菖蒲グリーンセンター
住所 埼玉県久喜市菖蒲町小林231
電話 0480-85-4444 
FAX 0480-85-4099
営業時間 9:00~18:00 年中無休
(ただし1月1日~5日までは年始休業となります。)