JA南彩について

ごあいさつ

わたしたちJA南彩は、「地域・農業を元気に」をモットーにJAの総合事業を通じて、組合員の営農とくらしの向上に努め、地域に「食の豊かさ」と「農の豊かさ」と「くらしの豊かさ」を提供し、皆様から「必要とされるJA」皆様の「お役に立つJA」をめざして、皆様とともに歩んでまいります。

南彩農業協同組合
代表理事組合長  菊池 義雄

菊池組合長

概要

JA南彩は、平成8年4月に岩槻市、春日部市、蓮田市、宮代町、白岡町、久喜市、菖蒲町の7JAが合併し、誕生しました。

管内は、埼玉県東部に位置し、総土地面積は20,781ヘクタールと県土の約5%を占めています。管内人口は約59万人で、東京都心から30~50キロ圏内という首都圏への恵まれた交通条件もあり、都市化が進んでいる地域です。管内をJR宇都宮線、東武日光線、東武伊勢崎線、東武野田線が走り、道路網は、東北自動車道、国道16号、122号のほか、県市町道が葉脈状に隣接市町へとつながっています。

首都圏に立地している条件を生かし、消費者のニーズに対応した多品目の生産や、果樹の観光農園などの取り組みが盛んで、首都圏の農業産地として多彩な都市近郊農業を展開しています。農産物の粗生産額をみると、米が35%、野菜が40%と大半を占め、次いで果実が14%、花植木4%、麦0.5%となっています。地域の特産品として、ナシ、ブドウ、イチゴ、トマト、キュウリ、クワイ、ホウレンソウ、コマツナ、シュンギクなどの栽培が盛んです。

このような環境のもと、JA南彩では「“地域”に寄り添い“未来”に繋ごう」をキャッチフレーズに、組合員・地域の皆さまの期待と信頼に応えるため、消費者への安全・安心な農産物の提供や地域農業の持続的発展、そして豊かな地域社会づくりに積極的に貢献すべく、役職員一体となり事業展開をはかっています。

名称

南彩農業協同組合(JA南彩)

代表者

代表理事組合長 菊池 義雄

本店所在地

〒344-0064
埼玉県春日部市南二丁目4番30号
TEL:048-720-8051
FAX:048-720-8052

役職員数

役員38人(うち常勤5人)、
職員318人(令和2年度末)

JA南彩の自己改革

『創造的自己改革への実践
~組合員とともに農業・地域の未来を拓く~』

自己改革への取り組み

経営理念

JA南彩は地域農業振興を通じて
「食」と「農」と「環境」を守り、
地域社会の発展に貢献する事業活動を
展開します。

組合員数

種別 人数
正組合員 9,515人
准組合員 19,234人
合計 28,749人

(令和2年度末)

主な事業量

種別 金額
出資金 28億4,571万円
貯金高 2,796億8,449万円
貸出金 608億9,809万円
購買品供給高 38億3,357万円
販売品販売高 28億8,919万円
長期共済保有契約高 6,257億151万円

(令和2年度末)